リングの素材・地金の種類

地金の特長について

プラチナ

婚約指輪の地金として非常に人気の高いプラチナ。元々純プラチナは純金と同じくやわらすぎて、ジュエリーには不向きだったのですが微量の元素の添加により硬化することがわかりPt1000でもジュエリーに使用できるようになりました。価格は非常に高価で、特に昨今の急騰によりプラチナからホワイトゴールドに地金を変える方もいらっしゃるように、高級な地金です。ただ非常に安定した金属で変色などの恐れも無いことから婚約指輪などで爪を持つ指輪の素材などには最適です。また婚約指輪=プラチナのイメージも強く、多少無理をしてでもプラチナの婚約指輪を贈るほうがオススメだと思われます。

24K(24金)や18Kと(18金)などの言葉を聞いたことはありますか?これは金の純度を表したもので24Kは純金で18Kは純度75%を表しております。純金は非常に柔らかく、傷がつきやすいかったり変形しやすかったりします。ただ最近はプラチナと同じく微量の元素を添加することによって硬化した純金もあります。

金には他の金属を混ぜることにより様々な色を表現できます。有名なところでイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどがありますが、これは銅などを混ぜたことによって生み出されたものです。日本人にはピンクゴールドやホワイトゴールドが人気ではありますが、欧州では婚約指輪の主流がイエローゴールドとなっております。様々なジュエリーで使われており大変人気のある地金です。

銀はジュエリーの地金では無いという位置づけでしたが、近年シルバーアクセサリーの人気が上がり、現在では評価も変わってきております。ただ化学変化しやすく、空気中の硫化水素と反応して黒変したり光沢が無くなります。また温泉などでも色が変化してしまうのはこのためです。この表面変化を嫌って、市販されている銀のアクセサリー等にはロジウムでメッキ加工されているものが多くあります。

チタン

近年、結婚指輪などで使われるようになったチタン。チタンは金属アレルギーをもつ人にとっても着けやすい地金です。また非常に硬く曲がったり歪んだりしにくい素材で仕事上指輪が傷つきやすい環境にいる方にもオススメの素材ではないでしょうか。ただ非常に硬いためサイズ直しは大変のようです。メリット、デメリットを考えた上でご検討ください。

タンタル

あまり聞いたことも無いような地金であるタンタル。タンタルもチタンと同じく化学変化しにくく、また金属アレルギー発症の事例が無いような地金です。金属アレルギーを持つ方には心強い素材です。ただ取り扱っているブランドが少ないので探すのが大変ということはあるかもしれません。